ライチの産地化

掲載日 2018年12月13日
地域名 九州・沖縄(宮崎県) 
分野 農業、森林・林業、水産業
■取り組み
 宮崎県では、地球温暖化を逆手に取った亜熱帯性果樹の生産振興が進められています。マンゴーに続く品目としてライチに着目し、生産に取り組んでいます。
 平成25年度にはライチの初出荷を行い、輸入果実にはない色や味、食感などから市場から高い評価を受けています。マンゴーで培った技術を応用しつつ、現在はライチの安定的な栽培技術の確立に向けて技術開発を進めています。ライチは収穫後の品質低下が著しいため、収穫後の鮮度保持技術の研究もおこなわれています。今後は更なる品質向上や安定生産に向けた技術検討を行い、産地化を目指しています。
図1 希少性の高い国産ライチ

図1 希少性の高い国産ライチ

(出典:宮崎県ウェブサイト「第七次宮崎県農業・農村振興長期計画」)
図2 貯蔵14日目の果実外観(左から0℃、5℃、10℃、常温)

図2 貯蔵14日目の果実外観
(左から0℃、5℃、10℃、常温)

(出典:宮崎県総合農業試験場「総合農試だより第172号」)

出典 

宮崎県総合農業試験場,「総合農試だより第172号」
https://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/mae-station/topics/img/119/H271216.pdf
宮崎県ウェブサイト「第七次宮崎県農業・農村振興長期計画(後期計画)」
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/noseikikaku/shigoto/nogyo/20161121164840.html

関連情報

農林水産省「気候変動の影響への適応に向けた将来展望」(中間報告)
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/report.html
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構) 農業環境変動研究センター温暖化研究統括監室「地球温暖化と農林水産業」
http://ccaff.dc.affrc.go.jp/
PageTop