観光地の日傘レンタル

掲載日 2018年11月21日
地域名 関東(埼玉県熊谷市)
分野 国民生活・都市生活 / 産業・経済活動 / 健康
■取り組み
 平成22年度の環境省の調査では、クールビスと日傘を併用することで、人の暑熱ストレス(汗の量)を約20%軽減でき、これは10m間隔で街路樹を形成する効果に匹敵することがわかっています。
  
 熊谷市では、観光地である歓喜院聖天堂の門前町で「えんむすび日傘事業」として日傘のレンタルを行っています。市の花でもある桜をあしらった番傘を200本、伝統的手工芸品に指定されている熊谷染の日傘を100本用意し、聖天山、無料休憩所、商店街など22か所に設置しています。訪れた観光客が無料で使用でき、協力店舗のどこの傘立てにも返すことができるので、涼みながら聖天山の周辺商店街を巡ることができます。


商店街の日傘の写真

図1 商店街に置かれた日傘のようす

(出典:熊谷市「えんむすび日傘事業」)
えんむすび日傘 協力店MAPの画像

図2 えんむすび日傘 協力店MAP

(出典:熊谷市「えんむすび日傘事業」)

出典・関連情報
熊谷市ホームページ「えんむすび日傘事業」,
http://www.city.kumagaya.lg.jp/atsusataisaku/all/taisakupro/ennmusubihigasa.html
環境省「まちなかの暑さ対策ガイドライン 改訂版」,
http://www.env.go.jp/air/life/heat_island/guidelineH30/gudelineH30_all.pdf
 
PageTop