大雪山国立公園における高山植生の保全調査

掲載日 2019年2月12日
地域名 北海道・東北(北海道)
分野 自然生態系
■気候変動による影響
 北海道上川郡に位置する大雪山国立公園では、近年、五色ヶ原における湿生お花畑(高山湿生草原に群生する植物)の消失とチシマザサの拡大が進行しています。湿生お花畑を代表するエゾノハクサンイチゲが消失したことの要因として、雪解けの早期化に伴う土壌乾燥化が考えられます。また、雪解けの早期化がチシマザサの分布拡大を促し、チシマザサ自身の蒸散作用によりさらに土壌乾燥化が加速します。
■取り組み
 チシマザサ分布拡大による高山植生の種の多様性低下を軽減する手法として、2008年よりササ刈取り実験が行われています。この実験では、チシマザサ密生地に調査区を設定し、全てのチシマザサの地上部を根際より刈取りました(図)。その後、毎年1回新たに出芽したチシマザサを刈取る処理を繰り返しました。
■効果/期待される効果等
 ササ除去後にごくわずかだった高山植物は、5年後には10数種に達し、植被率も大きく向上しました。従来の原生自然公園における生態系保全では、基本的に極力人為的な影響を排除することに主眼が置かれてきました。しかし、この実験結果は、高山植生の衰退が人為的なササの除去によって回復する可能性を示すものです。気候変動に伴う生態系変化や生物多様性の低下に対して人為的な保全対策の有効性が確かめられました。
五色ヶ原におけるチシマザサ刈取り実験の刈取り前の写真 五色ヶ原におけるチシマザサ刈取り実験の刈取り1年後の写真 五色ヶ原におけるチシマザサ刈取り実験の刈取り5年後の写真
図 五色ヶ原におけるチシマザサ刈取り実験(左)刈取り前(中)刈取り1年後(右)刈取り5年後
(出典:川合 由加、工藤 岳 「大雪山国立公園における高山植生変化の現状と生物多様性への影響」)

出典・関連情報
川合 由加、工藤 岳(2014)「大雪山国立公園における高山植生変化の現状と生物多様性への影響」,
Kudo, G., Kawai, Y., Amagai, Y., & Winkler, D.E. (2016). Degradation and recovery of an alpine plant community: experimental removal of an encroaching dwarf bamboo. Alpine Botany, 127, 75-83.
PageTop