農業、森林・林業、水産業その他の農業、森林・林業、水産業の影響

項目別の影響

影響農林水産業従事者の熱中症
影響評価結果:
死亡リスク 重大性:特に大きい(社) 緊急性:高い 確信度:高い
熱中症 重大性:特に大きい(社) 緊急性:高い 確信度:高い

現在の影響

写真現在の状況としては、ハウスでの作業や夏季の下草刈り、畑作業など農林水産業における作業中の熱中症による死亡者数は、近年増加傾向にある。

影響の将来予測

将来予測される影響としては、熱中症発生率については、今後各地域で増加することが見込まれているほか、年齢別においても、65歳以上の高齢者で増加率が最も大きくなると予測されるなど、高齢者の割合が高い農林水産業において、その影響はより深刻になるものと考えられる。

影響鳥獣害
影響評価結果:
野生鳥獣による影響 生態系への影響 重大性:特に大きい(環) 緊急性:高い 確信度:現状では評価できない
分布・個体群の変動 重大性:特に大きい(環) 緊急性:高い 確信度:高い

現在の影響

写真現在の状況としては、鳥獣害については、気候変動との直接の因果関係等は明らかではないが、野生鳥獣の分布拡大による農作物、造林木や水産資源等への被害や土壌の流出などの影響が報告されている。

影響の将来予測

将来予測される影響としては、野生鳥獣の分布拡大による農作物、造林木や水産資源等への被害、土壌の流出などの影響が報告されているが、現時点で気候変動との因果関係等を予測・評価をした研究事例は確認されていない。

影響世界食料需給予測

現在の影響

頻発している干ばつや豪雨等の気象被害などにより、世界の食料供給が混乱する事態も生じている。2006年~2007年における豪州での干ばつ等の気象被害や輸出規制等に伴い、食料価格の高騰・食料を巡る暴動等が発生した。また、2012年には米国の高温・乾燥によりトウモロコシ等の国際価格が史上最高値を更新し、その後主要穀物等の国際価格は高止まりするなど、中長期的にも需給の逼迫基調が見込まれる。

PageTop