健康健康への影響

項目別の影響

影響暑熱
影響評価結果:
死亡リスク 重大性:特に大きい(社) 緊急性:高い 確信度:高い
熱中度 重大性:特に大きい(社) 緊急性:高い 確信度:高い

現在の影響

現在の状況としては、死亡リスクについて、気温の上昇による超過死亡(直接・間接を問わずある疾患により総死亡がどの程度増加したかを示す指標)の増加は既に生じていることが世界的に確認されている。

熱中症については、気候変動の影響とは言い切れないものの、熱中症搬送者数の増加が全国各地で報告されている。

労働効率への影響等、死亡・疾病に至らない健康影響については、国内の報告は限られている。

影響の将来予測

写真将来予測される影響としては、死亡リスクについて、東京を含むアジアの複数都市で、夏季の熱波の頻度が増加し、死亡率や罹患率に関係する熱ストレスの発生が増加する可能性が予測されている。

日本における熱ストレスによる死亡リスクは、450sシナリオ及びBaUシナリオ(2100年における平均気温上昇(産業革命前比)が約3.8°C及び約2.1°C)では、今世紀中頃(2050年代)には1981~2000年に比べ、約1.8~約2.2倍、今世紀末(2090年代)には約2.1~約3.7倍に達することが予測されている。熱中症については、RCP8.5シナリオ(1986~2005年平均を基準とした長期(2081~2100年)の変化量が2.6~4.8°C(予測平均値3.7°C))を用いた予測では、熱中症搬送者数は、21世紀半ばには四国を除き2倍以上を示す県が多数となり、21世紀末にはRCP2.6シナリオ(1986~2005年平均を基準とした長期(2081~2100年)の変化量が0.3~1.7°C(予測平均値1.0°C))を用いた予測を除きほぼ全県で2倍以上になることが予測されている。

影響感染症
影響評価結果:
節足動物媒体感染症 重大性:特に大きい(社) 緊急性:中程度 確信度:中程度
水系・食品媒介性感染症 重大性:現状では評価できない 緊急性:現状では評価できない 確信度:低い
その他の感染症 重大性:現状では評価できない 緊急性:現状では評価できない 確信度:現状では評価できない

現在の影響

デング熱等の感染症を媒介する蚊(ヒトスジシマカ)の生息域が東北地方北部まで拡大していることが確認されている。

影響の将来予測

気候変動による気温の上昇や降水の時空間分布の変化は、感染症を媒介する節足動物の分布可能域を変化させ、節足動物媒介感染症のリスクを増加させる可能性があるが、分布可能域の拡大が、直ちに疾患の発生数の増加につながるわけではないとされている。

その他感染症(水系・食品媒介性感染症を含む。)について、気温の上昇に伴い、発生リスクの変化が起きる可能性はあるものの、現時点で研究事例は限られている。

影響その他の健康への影響
影響評価結果:
温暖化と大気汚染の複合影響 重大性:現状では評価できない 緊急性:中程度 確信度:中程度
脆弱集団への影響 重大性:現状では評価できない 緊急性:高い 確信度:低い
臨床症状に至らない健康影響 重大性:現状では評価できない 緊急性:低い 確信度:低い

現在の影響

現在の状況としては、温暖化と大気汚染の複合影響について、気温上昇による生成反応の促進等により、粒子状物質を含む様々な汚染物質の濃度が変化していることが報告されている。

脆弱集団への影響については、熱に対しての脆弱集団としては高齢者が取り上げられることが多いが、米国では小児あるいは胎児(妊婦)への影響が報告されており、日本ではこの部分の情報が欠落している。

臨床症状に至らない影響については、国内の報告は限られている。局地的豪雨による合流式下水道での越流が起こると閉鎖性水域や河川の下流における水質が汚染され下痢症発症をもたらすことについては、日本同様の雨水処理方式をとる米国で報告があるが日本では具体的な報告にはなっていない。

影響の将来予測

将来予測される影響としては、温暖化と大気汚染の複合影響について、都市部での気温上昇によるオキシダント濃度上昇に伴う健康被害の増加が想定されるものの、今後の大気汚染レベルによっても大きく左右され、予測が容易ではない。

局地的豪雨による合流式下水道での越流が起こると閉鎖性水域や河川の下流における水質が汚染され下痢症発症をもたらすことについては、増加が想定されるものの、疫学データが不足している。

PageTop