情報交換の広場

お問い合わせ

適応策を進めるうえで、疑問に思ったこと・これは!と思ったことを共有するページです。情報発信等にもご活用ください。

市民向けの普及啓発には、どのようなものがあるでしょうか。
関東地区 匿名県 環境部所属
気候変動適応情報プラットフォーム運営事務局からの回答

例えばワークショップという形で気候変動影響のテーマに触れ、一人ひとりが適応策を考える機会を設ける手法も考えられます。

近畿地方環境事務所では、ワークショップの手引書を作成しています。

近畿地方環境事務のページはこちら

また、ワークショップの手引書を基に実施した兵庫県のワークショップについての事例を取り挙げました。

兵庫県のワークショップの事例はこちら」(2018年2月20日実施)

他部局に適応策を説明する際に、どのような資料があるでしょうか。
中部地区 匿名県 環境部所属
気候変動適応情報プラットフォーム運営事務局からの回答

環境省が発行しているパンフレット「STOP THE 温暖化2017」は、世界及び日本の気候変動による影響とあわせて、農林水産業、自然生態系、自然災害・沿岸域、健康の適応策を紹介しています。

STOP THE 温暖化2017」(PDF)

また、国の適応計画に関する取組を紹介した以下のような資料もありますので、ご活用ください。

気候変動影響への適応‐適応計画の策定と最近の動向‐」(PDF)

 ※「第1回 地球温暖化に関する九州カンファレンス‐持続可能な未来づくり‐」講演資料より

A-PLATのロゴマークを使用したいのですが?
九州地区 匿名県 環境部所属
気候変動適応情報プラットフォーム運営事務局からの回答

申請書をご用意しておりますので、A-PLATの「お問い合わせフォーム」から連絡いただけましたら、お送りいたします。尚、使用につきましては、こちらの「サイトポリシー」と「別紙」をご参照いただけると幸いです。

(お問い合わせの例)環境部に着任し適応策を担当することになりました。
前職は環境とは関係のない分野だったので、何もわからない状態です。何から始めればいいでしょうか?(お問い合わせの例)
(例)気候変動適応情報プラットフォーム運営事務局からの回答

まずはこのプラットフォームで気候変動の影響とその対策(適応策)について知識を得てみるのはどうでしょう?次の順で見ていただくと、わかりやすいかと思います。

1. 気候変動の影響への適応とは? 気候変動が引き起こす影響をまとめて紹介。適応事例もあり。
2. 適応計画 国の適応計画を全部読む前に、概要と内容を一読するとわかりやすい。
3. 分野別影響&適応 貴県が力を入れている分野から見てみる。
4. 全国・都道府県情報 まずは貴県の気温と降水量のこれまでの変化と将来の予測を調べてみる。

お時間があれば、動画集「気候変動への挑戦」をご覧になることをお勧めします。このうちセクション2「地球温暖化の現状と将来予測 」では気候の変動による影響とその予測、セクション4「温暖化の影響へ適応するために」では、実際の適応策が簡潔にまとまっています。

少し理解が深まったところで、「全国・都道府県情報」ページの「地方公共団体の適応情報」から他の自治体の活動などをご覧いただくと、適応の取り組みについての概略がお分かりいただけるかと思います。このプラットフォームが業務の一助になれば幸いです。 貴殿の環境部でのご活躍を祈念しております。

*新任の方への適応に関する教育がどのように行われているか、各自治体からの情報をお待ちしております。「ご意見はこちら」からお寄せ下さい。