適応ビジネス事例適応ビジネス
掲載日:2018年10月2日

古野電気株式会社

局所的気象観測ソリューションの提供による安全安心な社会の実現

会社概要

古野電気は魚群探知機や船舶レーダーなどを取り扱う船舶用電子機器総合メーカーである。舶用機器で培ってきた技術を駆使し、気象レーダーや地盤変位計測システムなどの防災監視ソリューション、骨密度測定装置や生化学自動分析装置などの医療機器、GPSチップ&モジュールやETCまで、幅広い製品やサービスをご提供する。

適応に関する取組み

気候変動の影響により、頻発化・極端化する気象災害による被害など世界的な異常気象の問題が問われる中で、河川氾濫、都市部浸水や地すべり等の突然の災害から命や財産を守ることが社会にとって急務となっている。古野電気は、安全安心な社会の実現に供する局所的気象観測ソリューションを提供する。

古野電気が提供する世界最小・最軽量級の小型X帯ドップラー気象レーダーは、これまでに設置が困難とされてきた街中の既存建物や山間部への設置を可能にし、従来の衛星観測や大型気象レーダーでは難しかった低高度および山間部や島しょの降水観測や高精度のリアルタイム降水観測を実現する。また、固体化(半導体)素子の採用により、消費電力の削減と部品交換の頻度を減らしたため、環境に優しく、ランニングコストの削減を実現。さらに、多彩な信号処理が可能となり、より高精度の降水を観測することができる。

あわせて、自治体や民間企業でも導入しやすいコストダウンを実現したことで、複数レーダーからなる冗長性および信頼性の高いマルチレーダーシステムの構築や社会インフラに限らずさまざまな市場でも活用フィールドを大きく広げてきている。

  • 写真 小型X帯ドップラー気象レーダーの設置の流れ図 小型X帯ドップラー気象レーダーの設置の流れ(一例)
  • 今度期待される小型X帯ドップラー気象レーダーの活用フィールドの図図 今後期待される小型X帯ドップラー気象レーダーの活用フィールド
PageTop