「民間企業向け適応ガイド活用セミナーのページへ

事業者

事業者と適応

イメージ写真

気候変動による影響は様々な事業活動を行う事業者に及ぶ可能性があります。水害などの自然災害や農作物の品質低下など、事業活動に直接的に影響を与える事象や、2011年のタイの洪水のように、海外の生産拠点やサプライチェーンを通じて我が国の経済に被害を与えるなど、間接的な影響も懸念されます。

事業者による適応に関する取組としては、自社の事業活動において、気候変動から受ける影響を低減させる「気候リスク管理」に関する取組と、適応をビジネス機会として捉え、他者の適応を促進する製品やサービスを展開する「適応ビジネス」に関する取組があります。

「気候リスク管理」に関する取組としては、生産拠点での被災防止策やサプライチェーンでの大規模災害防止対策などが挙げられます。

「適応ビジネス」に関する取組としては、災害の検知・予測システム、暑熱対策技術・製品、 節水・雨水利用技術などが挙げられます。

以下では、実際に「気候リスク管理」と「適応ビジネス」に取り組む事業者の取組事例を紹介します。

民間企業向け適応ガイド-気候リスクに備え、勝ち残るために-
民間企業向け適応ガイド-気候リスクに備え、勝ち残るために- 2019.3.29
e-ラーニングの当該ページへ移動します
e-ラーニング「気候変動適応 - 影響・適応の基礎知識 -」【PDF版】2019.7.4
適応取組に関する参考資料
適応取組に関する参考資料 2019.6.6
気候変動や適応に関する資料
気候変動や適応ビジネスに関する海外資料 2018.8.27
過去の民間事業者に関連するシンポジウムの一覧へ移動します
最終更新日:2019.10.1
PageTop