気候リスク管理事例気候リスク管理
掲載日:2019年2月26日

カルビー株式会社

  • ■業種 :製造業/食料品製造業
馬鈴しょ調達のリスクコントロール

【適応分野】農業、森林・林業、水産業

会社概要

カルビーグループは、創業以来、自然の恵みを活かした商品を提供し、人々の健やかなくらしに貢献してきた。また、すべてのステークホルダーに尊敬され、称賛され、愛される会社となることをビジョンとして掲げ、事業活動を行う上での企業の価値観として大切にしている。この企業理念、ビジョンのもと、これまで培った強みをさらに活用して、「おいしさと食べる楽しさを世界に届け、グローバルに展開する食品企業」を目指していく。

気候変動リスクに関する取組

ポテトチップスの主原料は生の馬鈴しょである。図1にカルビーグループの国内・海外別の馬鈴しょ調達量を示す。参考までに図2に国内の馬鈴しょの用途別需要動向を示す。

2016年夏、主要産地の北海道が台風に見舞われ、2018年3月期は馬鈴しょ不足でのスタートとなった。いくつかの商品を休売せざるを得ない状況となり、お客様に多大なご迷惑をおかけした。気候変動に伴い、このような大規模な自然災害はますます増えていくリスクがある。

今後も質の高い馬鈴しょを安定的に調達するために、下記のような取り組みを進めて、自然災害などのリスクに備えていく。

  1. 北海道以外の国内産地の開発
  2. 生産者への情報提供、労働軽減の支援
  3. 稲作等その他作物、馬鈴しょの他用途から加工用馬鈴しょへの転換の働きかけ(図3)
  4. 病害虫に強く、保存に適した品種の開発
  • カルビーグループの馬鈴しょ調達量についての表図1 カルビーグループの馬鈴しょ調達量
  • 国内馬鈴しょ用途別需要動向のグラフ図2 国内馬鈴しょ用途別需要動向
  • 主要な国内馬鈴しょ産地と収穫時期の図図3 主要な国内馬鈴しょ産地と収穫時期
PageTop