2018年12月4日

気候変動適応法施行記念国際シンポジウム
「地域は気候変動にどう備えるか?」を開催しました。

「気候変動適応法」が平成30年12月に施行されたことを受け、環境省と国立環境研究所の共催により、12月4日に気候変動適応法施行記念国際シンポジウム「地域は気候変動にどう備えるか?」が東京で開催されました。気候変動の影響や、日本の適応に関する取組(環境省、国立環境研究所)、諸外国(イギリス、オランダ、アイルランド、インドネシア)の適応に関する取組についての講演の後、地域での適応を進めることをテーマとして、埼玉県、徳島県のパネリストを加えてパネルディスカッションが行われました。280名ほどの参加があり、大変活気のあるシンポジウムとなりました。






(掲載日:2018.12.12)

PageTop