日時 平成30年 12月4日(火)12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門 HALL A(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省 国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名(先着順)
日時 平成30年 12月4日(火)12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門 HALL A(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省 国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名
日時 平成30年 12月4日(火)12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門 HALL A(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省 国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名
日時 平成30年
12月4日(火)
12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門
HALL A

(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省
国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名

プログラム
 ※日本語参考訳を一部追加しました。(2018/12/11)

※これらの資料は参考のために用意されたものです。英文と日本文との間に違いがある場合は、英語の原文が優先します。

時間 プログラム 発表者 資料
12:00 開場    
【第1部:開会・気候変動への適応の重要性】
13:00 開会挨拶 国立環境研究所
理事長  渡辺 知保
気候変動の影響
国立環境研究所 気候変動適応センター
副センター長  肱岡 靖明
資料
【第2部:国際的な適応への取組】
13:30 英国 気候変動法 英国気候変動適応プログラム(UKCIP)/オックスフォード大学
名誉アシスタントリサーチャー  ロジャー・ストリート
資料(日)
資料(英)
  オランダ ロッテルダム適応戦略 オランダNPO 気候変動サービス(CAS)
戦略アドバイザー  キム・ヴァン・ニューアール
資料(日)
資料(英)
  アイルランド 地方での適応推進 カレッジコーク大学
ボーフォート地区管理部長, 主席検査官  ジェレミー・ゴールト
資料(日)
資料(英)
  インドネシアにおける適応推進 インドネシア政府国家開発計画庁(BAPPENAS)
副局長  サンディアニ・プラティウィ
資料(日)
資料(英)
【第3部:日本における適応への取組】
14:50 日本における適応への取組:気候変動適応法 環境省 地球環境局総務課 気候変動適応室
室長  大井 通博
資料
15:10 日本における適応への取組:国立環境研究所の取組 国立環境研究所 気候変動適応センター
センター長  向井 人史
資料
15:30 休憩
【第4部:パネルディスカッション:地域は気候変動にどう備えるか】
15:45 パネルディスカッション:地域は気候変動にどう備えるか

モデレータ:国立環境研究所理事  原澤 英夫
パネリスト:

  • 埼玉県環境部温暖化対策課主査  小林 健太郎
  • 徳島県県民環境部環境首都課副課長  金子 和親
  • 英国気候変動適応プログラム(UKCIP)/オックスフォード大学
    名誉アシスタントリサーチャー ロジャー・ストリート
  • オランダNPO 気候変動サービス(CAS) 戦略アドバイザー
    キム・ヴァン・ニューアール
  • カレッジコーク大学ボーフォート地区管理部長, 主席検査官
    ジェレミー・ゴールト
  • インドネシア政府国家開発計画庁(BAPPENAS)副局長
    サンディアニ・プラティウィ
  • 環境省地球環境局総務課気候変動適応室 室長  大井 通博
  • 国立環境研究所気候変動適応センター 副センター長  肱岡 靖明

資料1
資料2
17:05 閉会挨拶 環境大臣 原田 義昭
17:10 閉会  


<会場アクセス>



●半蔵門線「半蔵門駅」3番出口直結
●有楽町線「麹町駅」3番出口から徒歩6分
●JR線・丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」麹町口から徒歩14分



<新着情報>

2018/12/11   日本語(参考訳)資料を一部掲載しました。
2018/12/7   資料を掲載しました。
2018/11/5   特設サイトをオープンしました。