日時 平成30年 12月4日(火)12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門 HALL A(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省 国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名(先着順)
日時 平成30年 12月4日(火)12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門 HALL A(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省 国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名
日時 平成30年 12月4日(火)12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門 HALL A(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省 国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名
日時 平成30年
12月4日(火)
12:00 開場、13:00 開演
場所 ベルサール半蔵門
HALL A

(東京都千代田区麹町1-6-4)
主催 環境省
国立研究開発法人国立環境研究所
入場料 無料
定員 200名

プログラム
時間 プログラム 発表者
12:00 開場  
【第1部:開会・気候変動への適応の重要性】
13:00 開会挨拶  
気候変動の影響 国立研究開発法人
国立環境研究所
地域影響評価研究室 室長
肱岡 靖明
【第2部:国際的な適応への取組】
13:30 英国 気候変動法 UKCIP/オックスフォード大学
名誉アシスタントリサーチャー
ロジャー・ストリート
  オランダ ロッテルダム適応戦略 ロッテルダム市 
  インドネシアにおける適応推進 インドネシア政府国家開発計画庁(BAPPENAS) 
【第3部:日本における適応への取組】
14:50 日本における適応への取組:気候変動適応法 環境省環境省
地球環境局総務課
気候変動適応室 
室長 大井 通博
15:10 日本における適応への取組:国立環境研究所の取組 国立研究開発法人
国立環境研究所
フェロー 向井 人史
15:30 休憩
【第4部:パネルディスカッション:地域は気候変動にどう備えるか・閉会】
15:45 パネルディスカッション:地域は気候変動にどう備えるか モデレータ:
国立研究開発法人
国立環境研究所
パネリスト:
・埼玉県
・徳島県
・UKCIP ロジャー・ストリート
・ロッテルダム市
・インドネシア政府
国家開発計画庁(BAPPENAS) 
・環境省
・国立研究開発法人
国立環境研究所 
17:05 閉会挨拶
17:10 閉会  

申し込み希望の方は、
下ボタンから登録フォームを送信ください。

申し込みフォーム | ENTRY



<会場アクセス>



●半蔵門線「半蔵門駅」3番出口直結
●有楽町線「麹町駅」3番出口から徒歩6分
●JR線・丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」麹町口から徒歩14分



<新着情報>

2018/11/5   特設サイトをオープンしました。